牛乳は牛の飲み物?

街の中心部の公園を歩いていたところ路上アートのようなものを見つけた。遠目に見えたときは単なる落書きに見えたけど、近づくにつれ結構上手に書かれていて見栄えのあるものでした。特に写真で撮られるのを前提に描かれていてハッシュタグなどもある。見つけた人がSNSに投稿して拡散されることを期待したものであろう。

では具体的に何が書かれていたのかというとご覧の通りベジタリアンになろうという主張である。ヒッピー文化的な感じで、したい人だけが勝手に好きにしたらよいのではないかと思って通り過ぎていたが、書かれている主張を具体的に見ると色々と考えさせられる。

特になんとも言えないのは牛乳は人間の為ではなく子牛の為であるという主張だ。この主張というか表現は菜食主義者が結構昔から使っていて、言われてみれば確かに間違ってはいない気がする。乳牛は本来それを自分の子供の為に作り出しているのあり、人間に飲ますために牛が作っているのではないことは正しい。一定の説得力はあるであろう。

しかし現実的にこの主張をうけいれるかどうかは別の話であり、飽食の今の時代であるならばこういった事をある程度は受け入れられるであろうが、それとは別として人間というのは残酷性を常にその中に不可避的に持っているのであってそれは好き嫌い別として受け入れるべき事実である。そのためこのような聖人道の押し売りは警戒しなければいけないと思う。勘違いしてほしくないのは私自身は人間は常に高みを目指すべきであり、あらゆるものに対して善意を持った生き方をすることはできる限りするべきだと思う。それをしないのならばそれこそ単なる野獣で人間は畜生道を行くことになるであろう。しかし理想主義を声高に叫ぶ者を見かけるときはそこに宗教的洗脳と搾取が潜んでいるのではないかと警戒すべきなのは人類の歴史を鑑みれば簡単にたどり着くことのできる教訓である。

コメントを残す

送信完了しました。

確認用メールが届きますのでご確認ください。届いていない場合はメールアドレスの間違い、もしくは他の理由での送信失敗の可能性があります。お手数ですが再度送信してください。

お問い合わせ

  • 確認用メールが届きます。何も届いていない場合は迷惑メールに入っていないかご確認ください。もしくは記入されたメールアドレスが間違っている可能性もありますので再度送信ください。
  • 中傷メールやスパムメールは自動的にはじかれることがあります事をご了承ください。