出前一丁(おいしい?)

そういえば海外のインスタントラーメンネタをたまに投稿しようと思っていたのだがすっかり忘れていた。ルクセンブルクでも各種インスタントラーメンは買えるし、Amazonを使えば結構色々手に入る。特に我らが日本の代表する日清のインスタントラーメンは割と世界中で見つけることができる。

んで、最近アマゾンであれやこれやとラーメンをまとめ買いして、届いた箱をしめしめと開けて一個ずつ眺めていたのだがそのうちの一つに「東京醤油麺」というものがあった。出前一丁懐かしいなぁ。
ところで、ほうほう、わざわざ東京なんて表現を使っているのはマーケティングというか、海外市場向けにはこういう表現の方がウケが良いと思ったのだろうね多分。知っての通り日本国内では東京の醤油ラーメンはドス黒いスープの色が特徴的で、それなりに美味しいけど豚骨などと比べるとそれほど人気ではなかったと思う。

それはともかくパッケージが気になって仕方がない。

パッケージの右側に注目

こ、これは…

お、おいしい・・・・だと? 

何故ひらがな表記なんだろう?一般のヨーロッパ人が日本語なんて読めるわけないので、これは完全に狙ってやったに決まっている。昨今の日本文化の人気具合なども考慮して日本語を入れるとカッコいいとかマーケティング部が考えたのだろう。でもさ、もう突っ込むのも馬鹿らしんだけど自分で「おいしい」とか書いてちゃダメでしょ。ていうかそもしも日本語の使い方がおかしい。「これはうまい!」とかならわかるんだけど。でっかいフォントでおもむろに「おいしい」って、アンタ😨 

アマゾンなんかで見かける中国製品のクソ下手な日本語訳みたいな雰囲気が漂ってるじゃないですかあなた。日清君は一体何考えてんの?恥ずかしいからやめてくださいまし😱🙏

コメントを残す

送信完了しました。

確認用メールが届きますのでご確認ください。届いていない場合はメールアドレスの間違い、もしくは他の理由での送信失敗の可能性があります。お手数ですが再度送信してください。

お問い合わせ

  • 確認用メールが届きます。何も届いていない場合は迷惑メールに入っていないかご確認ください。もしくは記入されたメールアドレスが間違っている可能性もありますので再度送信ください。
  • 中傷メールやスパムメールは自動的にはじかれることがあります事をご了承ください。