リトアニアの田舎をぶらぶら

今はリトアニアの田舎の友人宅に滞在している。簡単なリトアニア紹介の記事でも言及したがリトアニアの自然は良い意味であまり厳しく管理されておらず、一度森林に入って歩いてみると意外なほど自然を楽しめる。日本よりもずっと緯度が高いので動植物の種類や多様性はやや偏っていて、例えは昆虫類は基本的にサイズが小さいし植物も寒冷地方に強いものが主流である。が、決してつまらないということではなく、そのような寒冷地帯的な雰囲気の生態系を楽しむことができる。

知人宅の古めかしい物置。元々は家だったらしい。2階のドアはどうやって入るのだろう?

一方夏は以外と暑くなりこれは北海道とも同じで、そのため家の庭先などで管理するという条件下ならラベンダーなどの南部ヨーロッパでお馴染みの植物も栽培可能だ。トマトなどもビニールハウス栽培ならそこそこ収穫できるようだ。

さて知り合いと森に入っていくと「あ、ちょっと待って」と言われたのでしばらく待つと友人が小さなナイフとカゴを持ち出してきた。その理由はすぐにわかった。家から近くの林に行く途中にさえすでにそれは生えていて、なんの事かというと・・・

そう、キノコである。この画像を見て種類を特定できた方は相当のキノコ通であろう。イタリア料理でもお馴染みのポルチーニである。日本語名ではヤマドリタケと呼ばれるらしく、日本国内では近縁種が取れるともも聞いた。

ポルチーニと似た種類のキノコも多く、林に行かず家の裏庭みたいな木の密集している所でも色々と見つかる。無論食べられるものだけではなく毒キノコもあるので要注意である。私はそれホキの子に詳しくないしそもそも地域によっても種類が異なるので友人の知識を頼りにキノコをとる。

しかし本当にあちこちに生えていて散歩が非常に楽しい。

大きな林に入る前にすでに色々収穫できてしまったが、もともと行きたかった近所の大きな林へと向かう。

地表一面に数種類の苔がこれでもかと広がっておりどこを歩いてもフカフカとした歩き心地で癒される。ちょっと気をつけないといけないのがマダニで、かなりの数がいるので長ズボンを履いてさらに可能なら長靴も履いたほうがいいとのこと。この日は散歩がメインできたのでスニーカーのまま来た。

約1時間ほど歩いて戻ってきた。結果はこんな感じ。

大量

写真だけで見たことがあるような大きさのポルチーニがボコボコと生えていた

当初はただ散歩に行くだけだったのに途中で目的が完全にきのこ狩りに変わってしまった。そのぐらいあちこちに生えており、探すのが非常に楽しい。一部を除きこれらのキノコのほとんどは人工栽培方法がまだ確立されていないようで、まさに今だけの旬の食料でありこのように人手をかけなければ手に入らないため市場にはあまり出回らず、そして高価である。ちなみにポルチーニを好むのは人間だけでなく虫も同じであり、残念ながら大きく育ったポルチーニの8割程度は何らかの虫食いがあるので廃棄率もまたすごい。この希少性からポルチーニは日本で言う松茸に近い値段設定がされるようだ。

たとえ虫食いが少なくても1日そのまま部屋で保存しておくだけでも気をつけなければいけない。まだ潜っていないだけで傘裏にこっそり隠れていたり、どこからかやってきたキノコバエなどの虫にあっという間に食われてしまうのでなるべく早く調理した方が良い。今すぐ食べれないなら茹でるなりして早く火を通した方が良いとの事。この日はこんな感じで帰ってすぐにいただいた。

ポルチーニは大きくなるとその独特の香りが強くなり食欲をそそるのだが歯応えは弱くなるため乾燥させてリゾットなどに使うのに向く。一方、小さく若い個体はしっかりとした歯応えが心地よいのでバターなどで炒めるととても美味しい。なのでここで食べた際は小さい個体をふんだんに使った。友人曰く小さい個体の方が虫食いが少ないが当然小さいがゆえに見つけにくいし見つかっても量は少ないので高価な傾向にあるとのこと。

次の日に友人宅の裏の小さな林でぶらぶらしていたら他の種類のキノコが大量発生していて、これも食べられると聞いたので無我夢中になり漁ってしまった。

すっかりキノコ取りに夢中になってしまった私はまた昨日の大きな林に行きたいと友人を誘い、昨日とは少し違う場所に行った。そこではジロールと言うキノコがそこそこ見つかった。このキノコは友人のお気にに入りで、理由はとにかく虫食いが少ないのでガッカリすることが少ないからと言っていた。

北欧に多いワイルドブルーベリーもたくさん取れた
バターで炒める🥰

なんかキノコ採取の自慢話になってしまった。とにかく思った以上に自然を満喫している次第です。

コメントを残す

送信完了しました。

確認用メールが届きますのでご確認ください。届いていない場合はメールアドレスの間違い、もしくは他の理由での送信失敗の可能性があります。お手数ですが再度送信してください。

お問い合わせ

  • 確認用メールが届きます。何も届いていない場合は迷惑メールに入っていないかご確認ください。もしくは記入されたメールアドレスが間違っている可能性もありますので再度送信ください。
  • 中傷メールやスパムメールは自動的にはじかれることがあります事をご了承ください。